「自分の子どもも働かせたい」と思ってもらえる施設にしたいです。 

仙北市・介護予防に徹したデイサービスセンター・最適のケアプラン立案のケアマネステーションはチームで動きます。従業員の処遇が良くないと利用者への良きサービスができません。従業員が大事にされている施設かどうかが施設選択の目安です。

 上記の絵は表玄関の看板で、左記は裏面です。いかがでしょうか。  利用者の方々は大喜びでした。助け愛って、補い愛って、支え愛っている利用者の皆さんと私共とをイメージしていませんか?  オーナーへのご要望は、 E-mail osawahideo@gmail.com    携帯電話 090-6626-5507(ショートメールで!)

   あんしんサポートネットワークでは、施設利用者さまやご家族の皆さまのご要望や苦情を承ります。事務局は大沢会計内「NPO法人福祉支援」内に常設しています。担当は秋田市出身の三浦です。

                      TEL 019-643-3838  FAX  019-643-3837  E-mail osawakaikei@tkcnf.or.jp                                    

●看護師さんを探しています。看護師は現在デイサービスに3名、ケアマネステーションに2名在籍しています。(パートさん含めてです。)経験豊かな方々です。子連れ出勤して、子育てしながらの勤務もいいと思うのですが。元々老人ホームだったのでお子さんが病気になっても休める部屋がたくさんあります。大沢は、元々子ども病気でも働ける環境づくりに関心を寄せていました。大沢が理事を務める保育園は病児でもオーケーです。理事長が小児科医であることが幸いしています。保健師である前園長は秋田市出身です。

 

大沢会計が事務局の盛岡クラブ例会は、7月2日ホテルメトロポリタン盛岡本館にて、「緑の産業革命をおこそう」と題して、富士大学学長で農学博士の岡田秀二先生の講演があります。どなたでも参加できますのでお知らせします。

「緑豊かな田園風景を背景に個々の人々が生き生きとして生活を送る、そんな中山間地をもつ社会の形成を目指して研究を続ける」とおっしゃる岡田さんのお話、楽しみですね♪(当地からも参加者があります。担当:三浦)

    盛岡クラブはこちらをクリック→盛岡クラブ

去る5月1日で、事業開始満1周年を迎えました。これも、ひとえに地域の皆さまがご支援下さった賜物と感謝申し上げます。これからも、小さなことに耳を傾けつつ、大きな夢(安心して生活できる助け合いの街づくり)に向かって歩みたいです。そのためには働き人が必要です。共に夢を語り合え、夢を活かす人生を送りたい人を探しています。法的には雇用関係ですが、実態は意思決定に参画するパートナーです。「現実を変える」(介護の職場は希望あふるる自分を活かす場に創り変える)これが私がこの事業をする目的です。あなたの強みを発揮していただき、あなたの弱みは意味のないものにします。本人の意欲・能力は高いのに、さまざまなハンデイ(育児・病気・介護)で、制約があっても働ける職場を創りをしたいです。

これまで、多くの方々に助けられ、ここまでやってこられました。これから助けに回る出番です。微力ながらやれることはやります。社員に対しては、仕事と家庭の両立、資格取得支援に力をいれることや、社内での生活支援融資制度など幸せのための基盤づくりにいそしみます。

一定期間勤務していただければ返済不要の奨学金制度を設けて、大学通信教育での学びの機会を支援します。

●去る、3月19日の日本経済新聞の1面トップ記事、「保育・介護一体」普及促すの見出しで、当社の事業目的を後押し下さる報道がありました。保育・障がい・介護のサービスを一つの施設で提供する「多機能型」の福祉施設の普及を促すというものです。

 職員の兼務や設備の共有ができるようになるのです。当社としては、昨年5月デイサービス事業を立ち上げたばかりですがこれからの施設です。周辺で、共に創る福祉施設に参画したい方がいらしたらご紹介ください。

チームささえ愛は、助け愛・補い愛・支え愛をベースにしています。その前提は、みんながが違っていい、違っているからこそ助け愛・補い愛・支え愛るのです。自分だけがハッピーではなく、いっしょにいる同志とその家族が幸福でなくてはです。辛いに1字加わって幸いです。その1字足らんとする同労の友人を求めています。

障がいを持つ親子で働いたっていいんじゃないですか。

オーナーの本拠地盛岡では、開業クリニック支援、社会福祉法人設立支援、就労支援事業支援案件は目白押しです。当地での開業・設立支援応援します。

給与についての考え方:この町で、介護に従事するならこの町1番の給与にしたいです。笑顔でのサービス提供は、働く人の処遇改善があって当たり前です。経営が悪化しているのならいざ知らず、財務体質が抜群で黒字経営の株式会社チームささえ愛なのに、オーナーは無給です。社長の年収は最下位です。オーナーと社長は【こころざし】で事業を経営しています。心をひとつにして地域での生活支援サービスを共に担いたいとお金では解決できないことにチャレンジしています。ということは弊社の社員の人件費水準が他を圧倒して高くなるはずですよね。量(定員)と質(加算)に創意工夫して、自分たちで給与がアップできる職場って、面白そうではありませんか。給与は、オーナーや社長が決めるのではなく、地域の方々が決めるのです。この考え方を理解し共鳴して、共に労苦を担う人を捜し求めています。同労の友人と呼ばせていただきます。現行の介護保険制度の下ではこの給与が上限だとすれば、脱介護保険・保険外サービスを手掛けるしかないです。利用者(お客様)のニーズに応えていくところに行く道があります。ご自分の給与はご自分で決めましょう。時間外手当は、一分単位で支給しています。経営者の役割は、人・物・金・情報の場を提供することです。活かすのはあなたです。

明けましておめでとうございます

 人口減少、ひとり世帯増加の時代です。求められる介護を提供し、地域(利用者)よし、働く社員よし、会社よしの三方よしで、ありがとうの一言をいただける仕事をさせていただきます。

 志を同じくする同労の友人を募り、この地のお互いさまの生活支援サービスに共に働かせていただきたいものです。

 4大卒の新人か定年退職後は第二の人生を神代で過ごしたい方。osawakaikei@tkcnf.or.jp

  上記の新人ではなくても“門は叩けば開かれる” です。既存の介護施設では飽き足らず、夢を、志を持ちたい、持っているものを活かしたい人、共に額に汗し、手に豆して、働きたい同志を探しています。あなたの身近にいませんか。

  オーナーは、社会福祉法人や医療法人、NPO法人、社団・財団法人の専門家です。それぞれの良いところどりをして

小粒でもピリッと辛い株式会社で、ありがとうの一言をいただける介護事業をしたいです。オーナーは、介護事業は素人で、近い将来の利用者候補(72歳)です。自分が満足する施設をこれから探すか、自分で創るかです。

   上記で、4大卒と言っていますが怪しいです。正しくはがある人が正しいかなです。

  「いま、ここ」で真剣に生きることで、ありがとうの一言がいただける仕事の中に幸福が潜んでいるよ。あなたの居場所、利用者の居場所を一緒に創りませんか。過去も未来もない「いま、ここ」で。

コミュニケーションセミナーのご案内

 

 去る12月1日から労働安全法が改正されて、メンタルヘルス対策の充実・強化等を目的としたストレスチェックの実施が義務付けられました。

風通しの良い職場の維持には、常に新しい風が吹くように仕掛けることが必要です。

さる、11月6日に弊社の社員研修会を「風通しのよい職場と人間関係」のテーマで開催しました。

当日研修した事例をご紹介します。

①なぜ土曜日に、私だけ出勤しなければいけないのですか?

②あなたは、私の給料を上げると言ったのに、まだ上がってません。おかしいじゃないですか。

③あなたは、私より仕事の方が大切なんでしょ!

いかがですか、課題解決のコミュニケーション能力を育むと大変好評でしたので、当日の講師によるセミナーをご案内致します。

↑お申込みはパンフレットをクリック♫

NPO福祉支援は、岩手県福祉サービス第三者評価機関として岩手県認証第1号で、理事長東島末起氏は元岩手経済同友会代表幹事・盛岡市市勢復興功労者・元盛岡市社会福祉協議会会長など歴任しています。

オーナーが講師のめんこいテレビ賃貸住宅経営セミナーの案内はこちら

●良い所に、勤めているね! ← こちらをクリック♫

求職中の方や職場にお勤めの方へ:あなたの職場が、

①世間一般に比べて高い給与水準です。ですが、サービス残業があります。労働者にとって最低限の約束事である労働基準法が遵守されているとは思えないです。

②給与水準が高くはないです。でも夢実現のためには職場に心地良さが必要ですから、タイムカードの利点は1分単位で集計できます。キチンと残業手当が計算でき支払われます。

さて、あなたは、どちらを選択しますか。

オーナーにとって、驚愕のこと。

介護福祉士の登録者が百万人で、従事者が60万人。

この差、なんと、40万人です。介護福祉士を志した時の想いはどこにいったのでしょうか。

チームささえ愛は、仕事に人を合わせるのではなく、人に仕事を合わせます。ゆったりした仕事で人生を送りたい人にはゆったりとした仕事を創りましょう。ゆったりがお嫌な方は忙しさをチームワークで乗り切ります。

マイナンバーと利用者負担マイナンバー制度が導入されますと、住民税非課税世帯・配偶者の所得・非課税年金収入など補足給付の支給対象の調査決定に影響が出てきます。利用者の守秘義務が守られるかどうかの施設であるかが、これからの施設選びの基準になります。大沢は、マイナンバー研修会の講師として社会福祉法人関係団体からひっぱりだこです。

富士ゼロックス岩手株式会社では、これからの10年~生き残る組織の条件~と題して、元ダイヤモンド社の社長の岩佐豊先生セミナーを11月10日(火)盛岡アイーナーで開催です。先生の基調講演の後、大沢が「税理士から見た「100年企業」に向けた重要ポイント」と題して講演します。肝心のお膝元のチームささえ愛、利用者にとって、喜んでいただける利用者様の居場所にしないと、100年どころではないですね。

チームささえ愛の秋期社内研修会は、「風通しのよい職場と人間関係」と題して、株式会社チーム医療代表取締役で、人間関係を楽にするコミュニケーションのトレーニングでは我が国の第一人者である梅本和比己先生に講話をお願いしました。梅本先生にご関心のある方はホームページで同社を検索して見てください

11月6日にわらび座で為さんを観劇後、デイサービス見学後17時半から1時間研修をお願いしました。

●アンガーマネジメント、今、話題です。イラッと、カーッとして老人を虐待しない、職場でのパワハラ防止としても人気です。怒らなければいけないことは上手に怒れ、怒る必要のないものには怒らなくても済むようになれることをアンガー(怒りを)マネジメント(配分)といいます。怒りの裏にある感情への気づきをも学びます。早朝勉強会は、ホテルメトロポリタン盛岡本館で9月5日午前7時です。オーナーの大沢が司会進行の会で無料です。どなたでもご参加できます。「アンガーマネジメントを活用で、いきいき職場づくり」がテーマです。

8月から新たに看護師兼介護支援専門員が仲間に加わったので、事業を開始した2015年5月1日の開所にあたって、全員に「地域にひろげよう“お互いさま”の生活支援サービスー新たな介護予防・日常生活支援 総合事業の展開に向けて」全社協ブックレットを手渡し、これから目指す方向を暗示してたので彼女にも贈呈した。暗示ではなく実行に移したいものです。盛岡北ロータリークラブや岩手経済同友会に所属を活かしたいです。今月は、盛岡市長選があり、谷藤ひろあき連合後援会顧問もしているので忙しいです。

8月末日に、一般社団法人岩手県私立幼稚園連合会にて、子ども・子育て支援制度をべースに会計とマイナンバーを講演します。何故、引き受けるのかは、地域で、子育ても・障がい持った人も、人生の先輩も、共に助け合い・補い合って・支え合って生き抜く社会が、大沢にとっての平和ですし、2025年問題を乗り越える答だからです。つい、先だって友人から戦後70年の節目にあたって絵本「風が吹くとき」を知らされ、老夫婦の絵物語にほのぼのとさせられました。日本語版のDVDもあるようです。

「高齢者の孤立」これから予測される社会問題と大沢が会員の岩手経済同友会の例会で学びました。

大沢の理想の働き方は、親をデイサービスの利用者として、ご自身がヘルパーとして同一施設で働く働き方です。同志はいませんか!

ご自分の認知症予防に備えつつ利用者の認知症予防に取り組むという働き方もあります。

多様な働き方を選択できます。あなたの生活スタイルに合わせましょう。大沢のもう一つの会社では、趣味と勤務と子育て、親の介護を上手にバランスを取っている人もいます。

広い廊下の壁面を利用したギャラリーも人気です。訪れてみませんか。

7月27日は、青森県社会福祉法人経営者協議会(経営協)主催セミナーで、大沢が「マイナンバー」

について講演します。

★BCB(TA+NLP)ベーシックコース~人間関係を楽にするためのBCB13の法則~コミュニケーションや心理学に興味は持ってはいるものの、何から始めたらいいのか分からないとお悩みの方への心理学入門講座です。3年連続開催の評判の講座です。⇒詳細はこちら

怒りっぽいに関心のある方は、アンガーマネジメント講座(こちらは無料です。)大沢が主催するNPO法人福祉支援セミナーです。ご関心のある方は☏019-643-3838三浦迄(三浦は秋田市出身です。)

大沢の詳細は、マイベストプロを検索して理解できます⇒こちら


福祉35年の大沢です。コンシェルジュ(総合世話係)を名乗っています。

私のビジネスは、困ったを助ける、いや共に担うことで解決に導くです。

   介護はしてあげるものではなく、支え合うもの。社名の由来です。

 毎日、ワクワク、ドキドキの生活です。でも、いつかは終わりの日を迎えます。終の棲家、いや、安心の場、最後の働きの場、田沢湖⇔角館、角館寄りのここ神代の地に落ち着きそうです。

 株式会社チームささえ愛の自称応援団長を名乗つていますが、私がオーナーです。           大沢は、岩手県社会福祉協議会、岩手県社会福祉事業団、町内会の役員経験もありますし、PTA会長などで中学校には20年近く関わってきました。盛岡いのちの電話の監事は創設時から、重い知恵遅れの人たちの施設止揚学園は監事・理事40年、その他医療法人の理事・監事をもしています。盛岡市自治体経営推進会議の委員として出資部会の部会長もしています。地域へのこだわりは人一倍持っています。

 現在、成年後見センターに関わっていますが、成年後見監督人、裁判所で民事調停委員もしていました。

    社会福祉法人の監査指導員を岩手県知事と盛岡市長から任命されているコワイ?人です。

 いち押しは、福祉・医療・介護の会計と人事労務のチーム大沢会計を率いています。大沢会計

  このホームページは、大沢の手づくりですのでアドバイスをいただければうれしいです。


スケッチ

  

 ここ、神代地区、田園風景の中にたたずんでいます。かっての神代診療所の跡地です。ゆったりとした時間が流れています。

 建物の中に、一歩足を踏み入れると活き活きとした笑顔に出会います。 

 

 

 

 

 

  

   

建物内のイメージです。もともと、老人ホームをデイサービスに転用したので、部屋数が多いのが特徴です。静養室としてお使いいただけます。個室として、お一人では寂しい方はお二人部屋として。